ttl-abkss-logotop01.jpg
ホーム
プライバシーポリシー
サイトマップ
ttl-abkss-contact01.jpg
ttl-abkss-microsoftpartner01.jpg
HOME企業情報製品情報サポート情報人材派遣事業採用情報

ttl-products-header01.jpg ttl-products-title01.jpg

FF-Modeler

製品概要
製品仕様
FF-Modeler

FF-Modelerは、製造現場のニーズを反映し、かつ現場の様々な経験から得られたノウハウを元に開発されました。製造現場で即役立つ機能を最優先させ、実用第一を追求しました。

パラメトリックに設計変更できる柔軟なモデリング性能に加え、強力な穴埋め機能、3次元データからの円弧近似や自動補正などの2次元化機能、また断面の確認、3次元測定ポイント作成、高速NCパスビューワ機能など、加工現場との連携をスムーズに行う機能が満載です。

■ パラメトリックモデリング機能(ベースモジュール)

すべての入力パラメータは任意のデータや数式の形式で表現することができ、設計変更に伴う形状や配置を容易に修正する事ができます。

FF-Modelerでのパラメトリック機能には、フィーチャー、寸法・幾何拘束などの機能が挙げられます。

フィーチャー機能は、作成履歴をパラメータとして記憶する機能となっていて、実用的で、効率的なモデリングが可能です。 回転、押し出し、ロフト、スイープなどの強力な機能があります。

その他、簡単に定型図形を作成できる立方体、円錐などの機能があり、 シェル化などの作成も簡単に行なえ自由度の高い複合モデリングが可能です。

寸法・幾何拘束機能は、2次元スケッチ上では図形に対するサイズや角度、 また平行や端点接続などの拘束情報を与えることが可能です。 また、3次元上でもモデルの押し出し量などの情報により、モデルの形状変更を行なう事が可能です。

パラメトリックなモデリング環境は, CAD システム経験者のないユーザでも簡単にその使用方法を学ぶことが可能です。

■ 2次元図面化・2次元補正機能(共通機能)

■滑らかな線で加工精度を確保できます。

3次元データを2次元データに変換すると、外形線・稜線はスプライン (微小線分の集まり)になります。そのため一見スムーズに見える曲線も、 拡大するとガタガタになってしまい精度の高い加工に影響します。 2次元図面化時に、自動で円弧近似と重複線の削除を行いますので、 精度を落とすことなくデータ量を大幅に削減し、使える2次元データにする事ができます。

■ 面編集機能(Proモジュール)

■簡単操作で穴埋めできます

3次元CAMで加工データを作成する際に、パスを発生させたくない穴や 切欠きなどがある場合、あらかじめ穴を塞ぐ必要があります。 複数面に渡った穴・切欠き・多数の穴埋め作業が簡単におこなえます。

■面編集機能による加工品質の向上

3次元CAMで、形状を認識した場合、角部で工具が意図せず落ちる場合があり、 角が丸まってしまう場合があります。このような場合、面延長機能により角ダレを防ぐことができます。 また、図面公差によっては元のモデルデータのままでは公差から外れてしまうことがあります。 このような場合、PL面・押し切り面まわりの仕上げの際に面のオフセット・複写機能が役に立ちます。

■ 勾配・曲率半径計測機能、高さ寸法機能(Proモジュール)

■勾配計測

3次元データを2次元データに変換すると、外形線・稜線はスプライン (微小線分の集まり)になります。そのため一見スムーズに見える曲線も、 拡大するとガタガタになってしまい精度の高い加工に影響します。 2次元図面化時に、自動で円弧近似と重複線の削除を行いますので、 精度を落とすことなくデータ量を大幅に削減し、使える2次元データにする事ができます。

勾配計測

■曲率半径計測

加工する場合、その形状のコーナー半径・底の部分のフィレットの半径値がわからなければ、 どのような工具で加工しなければならないかわかりません。工具選定には必要不可欠の機能となります。 単純な一定の半径だけでなく、変化のある半径も連続計測することができます。

曲率半径計測

■高さ寸法

平面的な段差の多い形状を加工する場合、製造現場ではそれぞれの形状の高さ情報を確認します。 平面形状をクリックして高さ情報を2次元空間又は、3次元空間に表示します。 3次元機能では、同じ高さの平面に対して、色分けも簡単に行なえますので確認がしやすいです。

■ 高速NCパスビューワ機能(Proモジュール)

NCデータをパソコン上でシミュレーション・計測することにより、 プログラムミスや、工具の選定ミスによる加工不良を未然に防ぐことができます。

干渉チェックは、工具、ホルダー情報を登録し製品との干渉をチェックます。 干渉部はハイライト表示され、ケアレスミスや意図しない食い込みを事前にチェックできます。

パス情報表示は、マウス位置のパス情報を詳細表示し、 NCデータの確認作業を容易に行なえます。切削位置とモデルとの距離を表示しますので、 再生中のある位置やクリック位置での削り残りをチェックできます。

動作シミュレーションは、再生スピード、巻き戻しが自由自在となっていて、視覚的にツールパスチェックが行えます。

これらのビュー機能が、3Dモデル上にて行なうことができます。

高速NCパスビューワ機能

■ 3次元測定ポイント作成機能(Proモジュール)

製造現場では加工した後には、3次元測定器で実際の形状の寸法を確認する検査工程があります。

その測定ポイント座標を3次元CADで求めるわけですが、測定器の先端は球形状であることから、 従来は面をオフセットさせたりと時間がかかる作業でした。

FF-Modelerでは、面上をクリックするだけで先端の球形状に接する球の中心座標を求めることができます。測定器のイメージをつかみながら干渉チェックまで行えます。

3次元測定ポイント作成機能

■ マシニング機上測定機能(Proモジュール ※オプション機能)

3次元測定では、マシニングセンタで加工した後に加工物を3次元測定器に運び、段取りを組んで計測していないでしょうか。

その手間と時間を省く為に、加工するマシニングセンタに3D測定用のオプション機器を取り付け、NC データで測定プローブを動かす方法があります。

『測定点作成 3Dオプション』では、プローブの測定球を面に垂直な方向から アプローチするプログラムを作成する機能や、測定点の一括設定機能、NCビューワでの干渉チェック機能などをご利用いただけます。

マシニング機上測定機能
製品情報 ピックアップ情報 キャンペーン情報 セミナー情報 体験版ダウンロード お問い合わせ 資料請求 メルマガ申請 ABKSS公式facebook 会社案内 会社概要 ごあいさつ 会社沿革 事業内容 採用情報.jpg 募集要項 個人情報の取り扱い 応募フォーム
▲ページトップへ
ホーム
企業情報
製品情報
サポート情報
人材派遣事業
採用情報
プライバシーポリシー
サイトマップ

Copyright © 2011-2012 ABKSS Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ttl-abkss-logobottom01.jpg
本社/大阪支店 〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-19-4 新大阪NLCビル3階 TEL. 06-6321-8510 FAX. 06-6321-8512
東京支店 〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町12-2 セイショウ日本橋ビル9階 TEL. 03-3661-3231 FAX. 03-3661-3275
仙台営業所 〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡5-1-23 仙台Kビル6階 TEL. 022-292-7885 FAX. 022-295-3557
福島営業所 〒969-0101 福島県西白河郡泉崎村第1工業団地 TEL. 0248-54-1010 FAX. 0248-53-4005
名古屋営業所 〒464-0075 名古屋市千種区内山3丁目10-17 今池セントラルビル3階 TEL. 052-731-6677 FAX. 052-731-6687
九州営業所 〒812-0016 福岡市博多区博多駅南2-1-5 博多サンシティビル2階 TEL. 092-436-6370 FAX. 092-452-0733
サポートセンター 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-11 仙台KSビル 901